サムシング・ライク・イット -IT IS CLEAR- 住吉 明子 2011.11.25 金 – 12.23 土
04 このたびテヅカヤマギャラリーでは愛くるしい動物たちを作り出すアーティスト、住吉明子の個展を開催する運びとなりました。テヅカヤマギャラリーでは2 回目、南堀江に移転後は初となる展覧会です。住吉明子は、テヅカヤマギャラリーが2008年プライマリーギャラリーとして動き始めた当初からの付き合いとなり、これまで作品として生まれてきた多くの動物たちが世界中で愛されています。住吉は作品制作を手掛けてから一貫して動物に焦点を当ててきました。モデルとなるのは、現実に存在する動物や、架空の動物たちですが、それらのすべては彼女のフィルターを透すことにより再構築され、あたらしいいきものとして生まれ変わります。その新たな命の誕生が鑑賞者を惹き付けるのでしょう。彼らの生命感にあふれた眼差しはわれわれの心をとらえて離しません。今回の展示では、ギャラリースペース全体に生き物の生態を、サブルームでは住吉自身が研究内容として描いたスケッチやメモなどを配置し、個展ならではの展示で、作家の思考やコンセプトが見えてくる展覧会にしたいと考えております。是非この機会にご高覧いただければ幸いです。 また、本展覧会は、毎年末に開催し今年で4 回目となる大阪アートコンプレックス(OAC)への参加企画となっております。大阪のアートシーンを盛り上げるべく3 つ若手のギャラリー(フクダ画廊、展現舎、テヅカヤマギャラリー)でスタートしたOAC。昨年より新たにYOD ギャラリーが参加、そして今年はYoshimi Arts も加わり、計5ギャラリーになって更なる盛り上がりが期待されます。