写真: 麥生田兵吾

Tension and Compression
篠田 守男
2018.11.16 金 – 12.15 土

篠田守男は1950年代後半から発表している女性や建造物のようにも見える抽象的なオブジェクトを複数のワイヤーで中空に吊るした金属彫刻で知られる日本を代表する彫刻家です。1966年に開催された第33回ヴェネチア・ビエンナーレでは日本館代表にも選出されており、87歳になった現在も精力的に国内外で活躍しています。

初個展から現在までの約60年間、テンション(張力)とコンプレッション(圧縮)を一貫したテーマに数多くの作品を発表しており、緊張感と浮遊感が一体となった独自の彫刻表現は日本だけでなく海外でも高い評価を得ています。

1972年に発行された書籍「快楽宣言」(南天子画廊刊)では、1960年代を過ごしたアメリカ時代について語るとともに、自身の作品について、次のように宣言しています。

「積極的な快楽の取得か徹底的な禁欲のなかでのみ、ぼくの制作は成り立つのである。」

「快楽」と「禁欲」という一見相反する要素は、篠田の作品テーマである「テンション&コンプレッション」にも通じる部分があると言えます。

今展では、アメリカ時代に制作した1960年代の大変貴重な作品から近作に至るまで約20点を展示することで、独自の彫刻表現を展開してきた篠田守男という彫刻家の軌跡と現在地を考察する機会になればと思います。

カタログデータ (PDF)