Exhibition

Exhibition 2018
築山 有城
2018.07.06(金) - 2018.08.04(土) OPENING PARTY : 7月7日 (土) | 19:00 - OPEN : 火 - 土 | 12:00 - 19:00
CLOSED : 日曜日、月曜日、祝日

この度、テヅカヤマギャラリーでは神戸を拠点に活動する彫刻家、築山有城による個展「Exhibition2018」を開催します。

1976年に生まれた築山は、2000年に京都造形芸術大学芸術学部美術科彫刻コースを卒業し、現在に至るまで出身地である神戸に拠点を置き、関西を中心に精力的に活動をしている彫刻家です。

築山が扱う素材は金属や樹脂、木、塗料など多岐に渡りますが、制作の出発点は常に素材そのものにあります。彼自身が「遊び」と呼ぶ実験を繰り返す中から素材固有の特性を捉え、それを作品主題の一部とする点において、築山の作品制作には一貫した姿勢が感じられます。また、作品を構成する要素はシンプルでありながら、築山独自の着眼点とストイックなまでの反復行為を可能とする執念が無ければ実現し得なかったであろう作品をこれまでに数多く発表しています。

今展では45mm四方の角材を築山自ら手鋸で薄く切断し、断面に残った木目の一部を繋ぎ合わせるように注意深く配置することで、大樹の年輪を思わせる円環をギャラリー空間に表出させます。数千枚ものピースによって構成されるサークル模様は、築山がアトリエで黙々と重ねた行為の集積であることを物語ると同時に、人智を超えた壮大な時間の流れすら感じさせます。

どうぞ、この機会にご高覧下さいませ。

【アーティスト・ステートメント】

45mm角材に刻まれた年輪を観察していると、それは実に個性的です。木の種類や生えていた環境などによるのでしょう、6年で成長する材もあれば同じサイズに至るまでに30年近くを要するものもあります。

それらを私が手鋸で切断するのに約40秒かかります。数十年かけて成長してきた木を数十秒で切断していることに私は何とも不思議な気持ちになりました。そうやって1枚ずつ積み上げた6400ピースで巨大な架空の円環をつくる。

2017年夏にこの作品のアイデアを思いつき、そして1年後のいまたどり着きました。

プレスリリース[PDF]

Drawing for ‘Taruki Crossing’

Future Art Fairs

ART OSAKA 2018

2018.07.07(Sat) - 2018.07.08(Sun)