Exhibition

Gallery’s Collection
山田 正亮
2017.01.20(金) - 2017.02.18(土) OPEN : 火 - 土 | 12:00 - 19:00
CLOSED : 日、月、祝日

2017年最初のギャラリーコレクション展として、山田正亮(1929 – 2010)の作品をご紹介致します。

戦後の間もない時期から50年以上にもわたり、特定の団体やグループに属する事なく、「描く」という行為を自らの人生と一体化させて、一途に制作活動を続けた山田正亮。近年、国際的に注目が集まる日本の戦後美術の中でも新たな視座をもたらす作家として、注目度も高まりつつあり、2016年10月にはロンドンのアートフェア、Frieze Masters(フリーズマスターズ)にて個展が開催されました。国内では没後6年を経て、初となる回顧展が東京国立近代美術館にて2017年2月12日まで開催中。

今展では作家が残した作品群の中でも継続期間、点数ともに群を抜いているシリーズ『WORK (1956 – 1995)』を展示予定。
時代が経つにつれ、画面の印象は徐々に変化しながらも、ほとんどの作品がキャンバスの形態から派生する垂直や水平を基調とし、ストライプ、クロス(十字形)、グリッドで構成。シンプルかつミニマルなモチーフでありながら、豊かな色彩と様々な筆致で描き分ける事で、作品ごとに異なる視覚効果と表情が生み出されています。

どうぞ、この機会にご高覧下さいませ。

Future Art Fairs

ART OSAKA 2017

2017.07.08(Sat) - 2017.07.09(Sun)