Exhibition

敷衍~巧術其之玖

2018.07.06(金) - 2018.07.14(土) OPENING PARTY : 7月7日 (土) | 19:00 - 【出展作家】
あるがせいじ/ 石黒昭/ 石黒賢一郎/石野平四郎/ 伊藤航/ 上原浩子/ 亀井徹/ 佐藤好彦/ 悠/ 平林貴宏/ 牧田愛/松本涼/ 水野シゲユキ/ 満田晴穂/森本愛子/ 山本タカト/ 山本隆博
【キュレーター】
池内務(Röntgenwerke AG 代表)


OPEN : 火 - 土 | 12:00 - 19:00
*会期中無休

 

日本美術の閉塞感に対する回答として、2010年にスタートした「巧術」シリーズ展。これまで東京、金沢、台北など、スピンオフ展を含めた14回を開催してきました。会場となったのは、ギャラリー以外にアートセンター、アートフェア、デパートとさまざま。いずれもテーマを一貫したコンセプト「人の手による表現の可能性」を追求してまいりました。美術、工芸、またフィギュア、模型といったジャンルの垣根を超えたこれら作品が、多くの人と驚きや感動を与えてくれたことは、私たちにとっても大きな喜びとなっています。

今夏、「敷衍」(物事を押し広げる、の意)のタイトルを冠に、「巧術」シリーズ展はいよいよ大阪での開催にこぎつけます。会場をご提供頂いたTEZUKAYAMA GALLERYの作家、上原浩子ほか、総勢17名による競演、どうぞご期待ください。

Future Art Fairs

ONE ART TAIPEI 2019 | 台湾

2019.01.19(Sat) - 2019.01.21(Mon)