Exhibition

継ぎ接ぎ展
厚地朋子 ,井田大介 ,山下耕平
2019.01.26(土) - 2019.02.23(土) OPENING PARTY : 1月26日 (土) | 18:00 - OPEN : 火 - 土 | 12:00 - 19:00
CLOSED : 日曜日、月曜日、祝日
企画: 山下耕平
協力: taïmatz

この度,TEZUKAYAMA GALLERYではグループ展「継ぎ接ぎ」を開催する運びとなりました。
今展では「コラージュ」をキーワードに,厚地朋子(b.1984),井田大介(b.1987),山下耕平(b.1983)の3組のアーティストによる作品を紹介します。是非,この機会にご高覧下さいませ。

【ステートメント】

 これはコラージュの展覧会である。コラージュが20世紀初頭,ブラックやピカソらに「発見」されたことは,美術史におけるひとつの見方としておそらく正しい。ここで「発見」と敢えて書いたのは,コラージュがその当時新たに生まれた技法ではなく,既にあったと考えるからである。紙を切り,そして貼り繋げる。要するに,その単純明快な造形行動は原初的だ。ただし,それを美術的であると見なすかどうかは別なのである。しかしこの際,美術か否かの問題は棚上げするとして,造形行動としてのコラージュについて話を進めよう。

 コラージュとは,寄せ集めや組み合わせである。遡れば,原始人類による石の積み重ねを,コラージュ的技法の表現と捉え直すことは出来ないだろうか。つまりは,ラスコーの洞窟内動物画の,描く・形作るといった美術的行為よりも,石による祈りや埋葬の痕跡のような造形がまず先にあったはずだ。とすると,幼少期の積み木遊びもまた,同義的な行為として見えてくるのではないだろうか。では,現代の美術に置き換えた場合はどうか。コラージュが包括するエリアは実に広域であり,今回参加する作家の仕事もまた,俯瞰するとその円の内側に点在していることがよくわかる。

 ここで話を元に戻そう。コラージュを組み合わせの技術と説明したが,それは切断と接続への言い換えが可能だ。クローズアップされたその繋ぎ目に焦点を合わせると,結合部はひどく醜く脆く,重ね合わせの跡がはっきりと見て取れる。詰まるところ,接合部分はどこまでも切断されたままなのである。

 接続することに慣れた現代社会。ネットワークの高度化によるイメージや情報の大量流出は,さらに激しさを増している。今を生きる我々は,その享受を日々感じながら暮らしているが,そこに切断が潜んでいることを忘れてはならない。冷静に凝視することで,立ち現れて見えるのは,継ぎ接ぎの身体である現代の像ではないだろうか。この展覧会を通して,切断と接続の部位を改めて観察することで,現代の身体が再認識されることを期待したい。

山下耕平

プレスリリース[PDF]

Future Art Fairs

LUMINE ART FAIR

2019.10.12(Sat) - 2019.10.13(Sun)