FOCUS 大塚 朝子 神例 奈未 篠原 南 2013.07.12 金 – 08.10 金
PRimage この度テヅカヤマギャラリーにおきまして、大塚朝子、神例奈未、篠原南の女性作家3名によるグループ展「Focus」を開催する運びとなりました。これまで弊ギャラリーでは個展での展示を中心に、数年に一度、ある角度から焦点を当てたグループ展を開催して参りました。2011年、4名による展示「Shasin?」では、写真という表現方法を使用しながらもそれぞれが全く違うスタイルやコンセプトで作品を展開し、いかにして美術の分野に関わっていくかという問いかけをも提示することが出来たと思います。今回はテヅカヤマギャラリーのディレクションをする我々3名のそれぞれの視点から1名ずつアーティストを選び、全くテイストの違う3名の作品を同空間で展開することで、どのような化学反応が起こるかを提起するものです。作家の共通点は女性であること。なぜ今回女性に限定したのか。ここ数年美術界では女性アーティストの活躍が目覚ましく、美術大学では男女比は圧倒的に女性の方が多いそうです。他の業種を見ても女性の活躍は注目を集めており、今企画は単にその女性の表現に注目をしてみたいと思ったからです。 今回始めてテヅカヤマギャラリーが”FOCUS”する彼女たちの世界を是非お楽しみください。