「Point of Contact #5」 タムラ サトル 2013.03.01 火 – 03.30 金
poc_DM 2011 年の「大阪カンヴァス推進事業」で展示した《大阪マシーン》で、強烈なインパクトを与えたタムラサトル。 タムラは 1972 年栃木県小山市生まれ、1995 年に筑波大学芸術専門学群総合造形領域を卒業後、栃木県/埼玉県にアトリエを 構えて制作を行っています。これまで小山市立車屋美術館(栃木県)、郡山市立美術館(福島県)、鶴岡アートフォーラム(山形県)など美術館やギャラリー での個展やグループ展、また、「あいちトリエンナーレ 2010」(愛知県・伏見地下街)などの国際展でも、幅広く発表してきました。 本展覧会では、関西で初の本格的なお披露目となる《Point of Contact= 接点》シリーズを展示します。 《接点》は、電気回路のスイッチを応用して不安定に ON/OFF することで、電球が明滅する光の作品で、これまでに様々なバリエーションで発表され、好評を博しております。 本展では、壁一面に広げられたインスタレーション作品から、ひとつの装置のような小作品まで、約7点の作品を紹介する予 定です。