「共 存」 小松 孝英 2008.10. 17 金 - 11. 30 金
tk_m3 このたび、 帝塚山画廊では -共存- と題しました、小松孝英の本州初の個展を開催いたします。 小松は、アートが大都市に集中する現状で、あえて地方在住にこだわり、大自然の中の生態系をテーマに作品を制作し続ける期待の若手作家。 彼の幻想的な作品世界には、様々な生き物たちが、様々な形で登場します。 画面を埋め尽くす蝶、月夜に集う昆虫たち、そして生態系を侵食するブラックバスや やアメリカザリガニなどの外来生物.. 今回の展覧会では、新作を主体とした珠玉の二十数点を展示予定。 自然に対する畏敬の念と、すべて の生命への愛情がこめられた作品群が、 -他者と共存すること- について思いを馳せる、ささやかな きっかけになれば幸いです。