加藤智大
加藤智大×新藤杏子展 「Over possessive」

2019年10月11日(金) – 11月14日(木)

OPEN: 11:00 – 20:00
*最終日11月14日は18:00まで。

【オープニングパーティー】
10月11日(木)18:00-20:00
【Website】
tagboat

会場 | 阪急MEN’s TOKYO ギャラリータグボート, 東京

銀座、阪急MEN’s TOKYOに誕生したギャラリータグボートでは、新進気鋭の2人のアーティスト、加藤智大と新藤杏子の展示を行います。

アーティストとして、そしてパートナーとしてお互いに切磋琢磨し合う加藤智大と新藤杏子。2006年に多摩美術大学大学院美術研究科修士課程を卒業した加藤は、第十六回岡本太郎賞を受賞。一貫して、鉄という物質の表現力を追求してきました。新藤は2007年に多摩美術大学大学院美術研究科修士課程を卒業後、シェル美術賞に入選。生命の営みをテーマに平面作品を作り続けています。

瞳がフルーツになってしまった少年、絵の具が流れて目と肌が混ざりあった少女、新藤杏子が描く人物画は、肌や髪の毛が溶け出して、表情が見えなくなってしまうものも多くあります。そこには生き物としての人間の生々しさが感じられ、新藤の考える「生命」についての哲学を見ることができます。

加藤智大は、「鉄で鉄ではないものをつくる」を出発点に、立体作品の制作を行ってきました。着脱可能な鉄製のネクタイや、茶室の外観・内装・茶器に至るまで鉄で制作する代表作「鉄茶室『徹亭』」など、鉄という素材の物質性を際立たせる作風が特徴です。

本展では、平面・立体・インスタレーション作品を含む、30点あまりを展示・販売いたします。2人の作品がコラボレーションした共作も登場する、またとないこの機会。異なる作風の2人が紡ぎだす展示空間を、是非ご体感ください。