羊羹オサライ 後藤 靖香 2010.11.26 金 – 12.24 金
dm_goto 今展覧会は、第3回目となる「OSAKA ART COMPLEX Vol.3」の企画とも連動いたします。 後藤靖香は、今春大阪国立国際美術館で開催された「絵画の庭」において7mもの大作「芋洗い」を含む5点を出品し、モノトーンの墨による荒々しいストロークで描かれた作品で来場者を釘付けにしました。その後もかなりの反響がありました。今回はその後初めてで、しかも大阪では初の個展となります。 今回ご縁があって、テヅカヤマギャラリーで開催する事になりました。 1982年広島生まれの後藤は、幼い頃から祖父や大叔父の戦争体験を聞き、今では異常と言えるその時代を「普通」のこととして受け入れて凛として生きて行く人間の強さに惹かれて、それをテーマとしてこれらの作品のシリーズを描いています。 昨今の現代美術は緻密さや精巧さが求められたり、またカラフルで可愛いものが多いなか、後藤の作品は荒い墨痕で大きな画面に大胆に表現している。 作品を目の前にすると、誰もがそのパワーに圧倒され立ち止まってしまう。そこには言葉で解説を加える必要は無くなっている。作品に込められたメッセージはダイレクトに鑑賞者に届く。 それは難解な美術ではなく、今を生きる後藤が伝えたいことをそのまま表現しているに過ぎない。 今回は、展覧会用に新作の大作を約5点展示いたします。 後藤は今年最も注目を集めている若手アーティストのなかの一人といえます。 圧倒的な力を持った作品で飾られた空間を体感してみてください。