写真: 麥生田兵吾

FORM FROM
作元朋子
2020.4.3 金 – 4.25 土
プレスリリース[PDF]作品リスト[PDF]


「かたちを二度みる」
山口敦子 (岐阜県現代陶芸美術館学芸員)

およそ6年前のインタビューで、作元は自らの制作を「ストライプで満たされた空間を切り取る作業」であると筆者に語った。その言葉のとおり、規則的な色の線で構成された造形は、内部までぎっしりと詰まっているかのようで、まさに空間から切り出されたかのごとくだ。さらに、ストライプの連続性が、一部を切り取ったような造形の特異さを際立たせると同時に、その外に展開する空間をも喚起する。

作元の作品の実在感を高めている要素は四つあるだろう。まず、二つのかたち、つまり造形とストライプの調和あるいは不調和。そして、間隔や角度など、それぞれの造形に対するストライプの選択。さらに、やきものでしか実現することのできない、触覚を刺激するマットな質感。最後に、目にはまっすぐに映りながらも若干のゆらぎをもつ線の存在。これらの要素が絶妙に合致したときに、造形はイメージへと還元される。この際、作品の形態やそこを走る縞模様にも増して、色彩が前面に現れる。まるで色彩がかたちを構成しているかのように。

誤解を恐れずにいえば、作品に潜む些細なバグを観者の目が自ずと補正するところに作元作品のイリュージョンは現前する。ここでいうバグとはたとえば、作品が塊の一部分であるがために、不完全な形態と捉えられること。また、ストライプに定規を当てれば完全なる直線でないことは明白である。さらに、濃い色と淡い色が交互に配される場合に顕著であるが、各ストライプの境目には滲みが生じ、ゆらぎが起きている。作者の成熟した技術により、極限までコントロールがなされていながらも、制作の過程では狙いから逸れたいくつもの現象が発生する。ここで重要なのは、作者によって巧妙に仕込まれたバグも、現象として組み込まれたバグも、作品にとってけっしてネガティブな結果を招かないということだ。バグは実在感を増幅させ、鑑賞に奥行きをもたらす。まさにこのことこそが観者に快感を抱かせる所以なのではなかろうか。完結していないからこそ、造形の外に広がる景色を想像することが可能となり、ひいては造形の内の世界をも覗きみたいという欲求を刺激するのだ。

近年作元の関心は、ストライプで満たされた空間を切り取ることから、一本の線が空間をいかに変え得るかに移行しつつあるようだ。かたちに線がのること、あるいはかたちに線をのせることによって作品がいかに転じるか、さらには一本の線によって空間をいかに変容させるかが主要なテーマになってきたといってよいだろう。

本展出品作である《Form202From2》などは、まさにこの傾向を示している。作品名のFrom2とは、二つの型から成り立っていることを意味しており、従来複数の線、すなわちストライプによって構成されていた面は、ここでは幅の広いわずか二本の線から成っている。これまで作品そのものの造形とそこを走るストライプという二つの要素が核であったが、ストライプの要素が減じることで、作品自体の輪郭がより強く意識されるようになったといえる。最終的な見え方として、色彩がかたちを構成している点は以前と変わらないままに、空間内における造形の存在感が増したとみることもできるだろう。

作家は二度かたちをみる。まだ線がのっていない状態の無垢なかたち。そして、線がのったかたち。この二つのかたちは物理的には変わりがないものの、造形としては異なっている。なぜなら線は、けっして表層的なものではなく、造形そのものであるからだ。この二つのかたちの間に生じるズレをどこまで意図的に開示するかという点にこそ、今後の展開が含有されているように思われる。