彫る絵画 – Monochrome –

彫る絵画 – Monochrome –

鈴木 淳夫

2021.09.17 Fri - 2021.10.16 Sat

TEZUKAYAMA GALLERTYでは9月17日より、鈴木淳夫の個展「彫る絵画-モノクローム-」を開催いたします。

1977年に愛知県に生まれた鈴木は、2001年に静岡大学大学院教育学研究科を修了。現在は生まれ故郷の愛知県豊橋市を拠点に活動しているアーティストです。自身の作品を「彫る絵画(Carved Painting)」と称し、幾重にもパネルの上に塗り重ねた絵具の層を彫刻刀で削り出すことで様々な図柄を描く作風で制作を重ねてきました。手法としては彫漆にも似た制作方法ですが、鈴木が作り出す画面は作家の息づかいすらも感じ取れる程の鮮明な行為の痕跡として鑑賞者に提示され、同時に「彫る」という反復行為によって顕在化した絵具の断層は、作家が作品と対峙した膨大な時間を物語ります。

TEZUKAYAMA GALLERYでの2019年の初個展では、色の三原色である赤、青、黄の三色に限定した作品構成で、大作3作品を含む大掛かりな展示を行いました。彫刻刀での彫り方を変えることで様々な異なる印象に仕上げられ、圧倒的な存在感を見ることが出来ました。

今回は白黒のモノクロームに統一した作品群を展示予定で、前回とは全く違った印象を持つことになるでしょう。鈴木の制作意欲は凄まじく、常に新たなイメージを模索しチャレンジしていきます。これまでも同じ“彫る”手法を用いて立体作品を制作してきましたが、今回もまた新たな立体作品と平面作品の融合した空間構成を考えています。また、実際に作品の表面から削り取った絵具片によって作られた立体作品や平面の小品も出品を予定しております。

是非、ご高覧賜りますよう、お願い申し上げます。

 

[アーティスト・ステートメント]

2年前の個展では、赤・青・黄の三原色をテーマにし、強い画面を作ることを目指しました。原色を使った反動により、モノクロームの世界を表現したくなりました。そして近年、平面作品と彫ることで出る絵具片の関係を追求しました。絵具片を平面にしたり、壁に掛けたり床に撒いたりする事で、ギャラリー空間に関連性を持たせ、鑑賞者の視線が行き来できるような空間になることを目指しています。