絵画の証 Ⅲ -東海版-

絵画の証 Ⅲ -東海版-

浅野 弥衛 / 国島 征二 / 鈴木 淳夫 / 山田 純嗣

2021.09.17 Fri - 2021.10.16 Sat

2003年、2004年にGallery Yamaguchi kunst-bau(大阪)による企画のもと、現代美術としての絵画の可能性を追求すべく開催されたグループ展「絵画の証」。

約17年の時を経て開催される本展では、絵画における芸術の本質=証を探し求めようとする実験的な試みとして、浅野弥衛、国島征二、鈴木淳夫、山田純嗣が共演。東海地方を活動拠点とする中堅~物故作家4名をご紹介します。

 

浅野弥衛 | Yae Asano

1914年鈴鹿市生まれ。独学で絵画制作を開始し、59年から画業に専念している。桜画廊を中心に発表を続けた。96年没後も各地で展覧会が開催されている。「引っ掻く」技法を独自に追い求めた。

 

国島征ニ | Seiji Kunishima

1937年名古屋市生まれ。米ロサンゼルスで、約20年間の作家活動の後、岡崎市の山の中で制作をしている。桜画廊、ノブギャラリーで発表し、現在も様々な画廊で展覧会を重ねている。 作品は主に「wrapped memory」と「積層体」のシリーズがある。「wrapped memory」シリーズは1969年ごろから開始され、現在まで自身の日記のように継続されている。「積層体」シリーズはアルミニウムを積層させ、石を包み込んだり、黒御影石やプロンズの枝を組み合わせたりしている。

 

鈴木淳夫 | Atsuo Suzuki

1977年、愛知県生まれ、在住。静岡大学大学院教育学研究科を修了。
自身の作品を「彫る絵画(Carved Painting)」と称し、幾重にもパネルの上に塗り重ねた絵具の層を彫刻刀で削り出すことで様々な図柄を描く作風で制作を重ねている。
鈴木が作り出す画面は作家の息づかいすらも感じ取れる程の鮮明な行為の痕跡として鑑賞者に提示され、同時に「彫る」という反復行為によって顕在化した絵具の断層は、作家が作品と対峙した膨大な時間を物語っている。

 

山田純嗣 | Junji Yamada

美術史上の名画をモチーフに空間構造を読み解き立体化後に撮影、そこへ細密なドローイングを銅版で重ねていく独自の技法「インタリオ・オン・フォト」で表現される作品は、三次元と二次元、現実と虚構といった性質の違う要素を共存させ、絵画とは何かを問う作品となっている。ストイックさとポップさを併せ持つ独自な作品世界は、根強い人気を誇りファンも多い。名古屋市美術館のカレンダー制作や公開セミナーでの実技講座、アーティストトークに参加するなど社会的活動も行う。